複数署名の方法について

 既に署名されている申請データに追加して別の署名をする場合,申請用総合ソフトにおいて,連続して署名を付与することが可能です。ICカードを使用して別の署名をする場合,申請用総合ソフトのオプション画面からICカード切替を選択し,使用するICカードライブラリを切り替えます。
 また,複数人による署名は,署名した申請データを,申請用総合ソフトの申請データの書き出し機能を利用し,申請データ一式を個別のファイルとして保存し,メール等を利用して申請データ一式を渡します。
 申請データ一式を受領した方は,申請用総合ソフトのデータの取り込み機能を利用し,申請データを取り込んだ後,電子署名を行ってください。
 なお,代理人が申請する場合は,「代理申請について」をご覧ください。

 詳しくは,各操作手引書の次の項目をご覧ください。各操作手引書は,こちらからダウンロードできます。

  • (1)「申請者操作手引書(不動産登記申請 申請用総合ソフト編)」の「第2 登記申請(嘱託)書の作成・送信等  5 電子署名の付与」
  • (2)「申請者操作手引書(商業・法人登記申請 申請用総合ソフト編)」の「2 申請書等を作成・送信する  2-13 電子署名を付与する」
  • (3)「申請者操作手引書(動産譲渡登記・債権譲渡登記 申請用総合ソフト編)」の「第2 申請データを作成・送信する  9 電子署名を付与する」
  • ページトップへ