トップページ>オンライン申請ご利用上の注意>ICカード格納型電子証明書を利用する際の留意事項

ICカード格納型電子証明書を利用する際の留意事項

 ICカード格納型電子証明書を利用する際の留意事項は,次のとおりです。

利用可能なICカード格納型電子証明書について

 登記・供託オンライン申請システムで利用可能なICカード格納型電子証明書(ICカードに格納された電子証明書)は,「利用可能な電子証明書」に記載されている認証局等が発行するものに限ります。
 なお,手続によっても利用可能なICカード格納型電子証明書が異なりますので,ご注意ください。

認証局から交付されるICカードについて

 認証局からICカードで電子署名用電子証明書の交付を受ける場合,そのICカードのドライバソフトウェアがPKCS#11(注)に対応しているものであれば,登記・供託オンライン申請システムで電子申請を行う際に,ICカードを読み込んで電子署名をすることができます。

公的個人認証サービス 利用者クライアントソフトについて

 公的個人認証サービスが提供している利用者クライアントソフトについて,登記・供託オンライン申請システムでご利用できるのは,次のバージョンとなります。
  • 利用者クライアントソフト ver2(ver2.2,ver2.3,ver2.4,ver2.5.1,ver2.6について動作検証済み),ver3.0
 なお,利用者クライアントソフトの取得方法や動作環境等については,公的個人認証サービスポータルサイトをご覧ください。

市区町村から交付されるマイナンバーカード(個人番号カード)の利用について

 平成28年1月以降,希望者に市区町村から交付されるマイナンバーカード(個人番号カード)に格納された公的個人認証サービスに基づく電子証明書を申請用総合ソフトで利用するには,申請用総合ソフトのオプション画面から使用するICカードライブラリを切り替える事前作業が必要です。詳細は,「マイナンバーカード(個人番号カード)を電子署名で利用する方法」のページをご覧ください。

政府認証基盤(GPKI)の政府共用認証局(官職認証局)が発行する電子証明書(官職証明書)の利用について

  • 申請用総合ソフトの「ICカード切替」において,政府認証基盤(GPKI)の電子証明書(官職証明書)を登録する際や切り替える際には,「公的個人認証サービス(住民基本台帳カード)」と表示されますので,ご注意願います。
  • 同一のPCで政府認証基盤と公的個人認証サービスの電子証明書を使用することはできません。

地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)職責証明書の利用について

 地方公共団体で登記・供託オンライン申請システムを利用するためには,
  • 地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)の職責証明書を利用可能な環境を用意すること
  • PCがインターネット環境又はLGWAN環境に接続可能であること
が必要となります。
 なお,LGPKIについては,USBトークン格納型電子証明書においてもICカード格納型電子証明書と同様に利用可能です。

 また,地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)の職責証明書により電子署名をするために,次の手順(1)及び(2)を実施してください。

  • (1) エクスプローラを開き,「C:\Program Files\Common Files\e-gov_app\load_path」フォルダが存在することを確認します。「C:\Program Files\Common Files」フォルダ配下に「e-gov_app」フォルダが存在しない場合又は「e-gov_app」フォルダ配下に「load_path」フォルダが存在しない場合は,「e-gov_app」フォルダ及び「load_path」フォルダを作成してください。
  • (2) 「default.dat.LGWAN-001」ファイル(注1)を申請用総合ソフトのデータフォルダ内の所定の位置(注2)に保存してください。
     次に,申請用総合ソフトの処理状況表示画面の「ツール」→「オプション」→「ICカード切替」を開き,「使用するICカードライブラリを選択して下さい。」プルダウンメニューから「地方自治体職責証明書」を選択した後,「設定」ボタンをクリックしてください。
    ※USBトークンを使用する場合も同じ手順で設定してください。
  • (注1)  汎用受付等システムでは,ロードすべきPKCS#11ライブラリのパス名を記述したロード定義情報ファイルからパス名を取得し,ロードする方式を採用しています。
     提供するLGPKI用ロード定義情報ファイル(default.dat.LGWAN-001)の内容は,ICカード,ICカードドライバのバージョン及びUSBトークンによって異なり,以下のとおりです。
     なお,「default.dat.LGWAN-001」ファイルは,該当するICカード,ICカードドライバのバージョン及びUSBトークンに記載した「default.dat.LGWAN-001」ファイルをクリックするとダウンロードすることができます。  
     
    三菱電機社製のICカードを使用する場合
     
     ICカードドライバのバージョンが「B30」以前の場合
     「default.dat.LGWAN-001」ファイル
     【default.dat.LGWAN-001の内容】
       name=LGWAN-001
       path=C:\Program Files\LGWAN\P11Std9a.dll

     ICカードドライバのバージョンが「C00」以降の場合
     「default.dat.LGWAN-001」ファイル
     【default.dat.LGWAN-001の内容】
       name=LGWAN-001
       path=C:\WINDOWS\system32\P11Std9a.dll
     
    ペンティオ社製のICカード又はUSBトークンを使用する場合
     
     「default.dat.LGWAN-001」ファイル
     【default.dat.LGWAN-001の内容】
       name=LGWAN-001
       path=C:\Program Files\Gemalto\DotNet PKCS11\gtop11dotnet.dll
     
  •  ICカードドライバのインストール時に,インストール先をdefault.dat.LGWAN-001に示されたpathキーの値以外のアドレスに設定した場合は,default.dat.LGWAN-001ファイルをメモ帳で開き,pathキーの値を変更してください。
     (例)path=D:\ic_driver\LGWAN\P11Std9a.dll


  • (注2) データフォルダは,申請用総合ソフトの初期インストール時に「ShinseiyoSogoSoft」という名称で,以下のとおり保存されますので,「default.dat.LGWAN-001」ファイルを「files」フォルダの配下に保存してください。
    ※既に「default.dat.LGWAN-001」ファイルが存在した場合,上書きしてください。
  •  <Windows 10,8.1 又は 7の場合>
     C:\(Users\PCのユーザー名\)Documents\ShinseiyoSogoSoft\icswitch\files

  • (注3) 使用するICカード,ICカードドライバのバージョン又はUSBトークンを変更された方は,再度(2)を実施してください。
  • ページトップへ