トップページ>オンライン申請ご利用上の注意>QRコードを含む登記識別情報通知を使用した登記識別情報提供様式の作成について

QRコードを含む登記識別情報通知を使用した登記識別情報提供様式の作成について

 申請用総合ソフト(3.7A)以降では,登記識別情報提供様式の作成に当たって,以下の機能をご利用いただくことを可能とします。

登記識別情報通知読み込み機能
 オンラインで通知された登記識別情報通知(電子公文書)を読み込み,登記識別情報及び登記識別情報の記録されている物件,登記識別情報の記録されている登記に関わる情報を,登記識別情報提供様式に転記することができます。
  対象となる登記識別情報通知は,QRコードが表示できる登記識別情報通知です。
QRコード読み込み機能
 交付された登記識別情報通知に印字されたQRコードをバーコードリーダで読み込み,登記識別情報及び登記識別情報の記録されている物件,登記識別情報の記録されている登記に関わる情報を,登記識別情報提供様式に転記することができます。
  QRコードを読み込むには,バーコードリーダが別途必要となります。

QRコード読み込みで使用するバーコードリーダの留意事項

バーコードリーダのインタフェースについて
 バーコードリーダは,QRコード の読込みに対応し,USB-HID (USBキーボードインタフェース)のインタフェースを有し,読み込んだ情報はキーボード入力形式でPCに送信するものであることを前提とします。USB-HID以外のインタフェースを持つバーコードリーダとの動作を保証しておりません。
バーコードリーダの事前設定について
 QRコードの読込みに使用するバーコードリーダには,サフィックス(ターミネータ)として,以下のいずれかを設定してください。
  • 半角スペース
  • Tab
  • Enter
  • CR(改行)
  • LF(改行)
  • CR+LF(改行)
  • ETX(テキスト終了)

 なお,サフィックス(ターミネータ)を設定する方法に関しましては,ご利用のバーコードリーダのマニュアルをご確認ください。
  サフィックス(ターミネータ)とは,バーコードリーダが読み込んだ文字列データの末尾に付与する情報を指します。

  • ページトップへ