業務代行システムの運用等

1 業務代行システムによる運用

 登記・供託オンライン申請システム(以下「本システム」という。)において,申請等をすることができない障害が発生した場合であって,速やかにその復旧をすることが困難であると見込まれるときは,本システムの業務代行システムによる運用を行います。
 具体的な運用開始時刻等は,本システムのホームページ,法務局ホームページ,Twitter等においてお知らせします。

2 業務代行システムの申請番号について

 業務代行システムに申請情報を送信した場合,申請番号は9桁目が5から始まる番号となります。
 例:2014年3月24日に送信した申請情報の場合
 申請番号:20140324500001001

3 本システムの障害状況の把握

  • (1) 申請用総合ソフト※1で作成した申請情報を本システムに送信できない場合は,「通信エラー」メッセージ(図1)又は(図2)が表示されます。
    • ※1 本システムで提供するソフトウェアです。民間事業者製ソフトウェアにおける操作方法等については,当該ソフトウェアの提供元(当該ソフトウェアのサポートデスク等)にご確認ください。
    図1
    図2
  • (2) 「通信エラー」メッセージ(図1)には,送信失敗となった可能性がある事項を記載しています。メッセージに記載された順に1から4までの事項を確認し,本システムの運転状況は,本システムのホームページの「利用時間・運転状況」ページを確認してください。
     また,「通信エラー」メッセージ(図2)が利用時間中に表示された場合も,本システムのホームページの「利用時間・運転状況」ページを確認してください。
  • (3) 本システムに障害が発生している場合には,本システムのホームページにアクセスできないときがありますので,そのときは,法務局ホームページの新着情報又はTwitterを確認してください。

4 業務代行システムによる運用時の留意事項

 業務代行システムの運用が行われている場合においても,本システムが取り扱う全ての手続において,本システムの運用時と同様に,申請,補正,取下,処理状況の更新等を行うことができます。
 また,業務代行システムへの接続先の切替えは自動的に行われるため,申請人において,接続先の切替えの操作は不要です。
 なお,業務代行システムに切り替わった際に,タイミングによりデータの不整合が生じる場合があります。
 データの不整合発生時の対応については,こちらを参照ください。

5 業務代行システムの運用時間

 業務代行システムの運用時間は,原則として,本システムと同様,21時までです。

  • ページトップへ

登記・供託オンライン申請システムとは

  • オンラインによる申請・請求が可能な手続
  • かんたん証明書請求
  • 申請用総合ソフト
  • 業務代行システムの運用等