セキュリティについて

 登記・供託オンライン申請システムは,申請・請求の受付や公文書の発行を,インターネット又はLGWAN・政府共通ネットワークを介して行います。

 インターネットは誰でも簡単に利用できるオープンなネットワークであるため,便利である反面,悪意の第三者によるデータの改ざん(注1)・盗聴(注2),なりすまし(注3)や利用者による否認(注4)などの脅威にさらされています。

  • 注1 改ざん…データが第三者に書き換えられること
  • 注2 盗聴…データの内容を第三者に盗み見されてしまうこと
  • 注3 なりすまし…第三者があたかも送信者,受信者であるかのように装い,ネットワーク上で活動すること
  • 注4 否認…送信者又は受信者が送信又は受信したことを否定すること

 そこで,登記・供託オンライン申請システムでは,データを暗号化して通信を行うSSL(Secure Sockets Layer),及び安全な通信を行うために必要な証明書(以下「政府共用認証局自己署名証明書」という。)により,インターネット上の脅威を防止しています。
 また,登記・供託オンライン申請システムホームページ(注5)からダウンロードできるソフトウェアには電子署名を付与し,法務省が作成したものであることを明らかにしています。

  • 注5 「登記・供託オンライン申請システムホームページ」は,以下のURLから始まるホームページです。
     「http://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp
     「https://www.touki-kyoutaku-online.moj.go.jp

SSL通信

 登記・供託オンライン申請システムでは,安全な通信の確保を必要とするホームページや各種ソフトウェア及びマニュアルのダウンロード(以下「ホームページ等」という。)において,SSLにより通信の暗号化を行っています。  SSLとは,Secure Sockets Layerの略で,サーバとクライアントの間で暗号化通信を行うためのプロトコル(通信規約)のことで,広く利用されている技術です。公開鍵暗号方式や電子証明書などのセキュリティ技術を組み合わせることで,データの改ざんや盗聴,なりすましを防ぐことができます。

  •  SSLを利用したホームページ等の特徴
     SSLを利用したホームページ等は,URLが「https://」から始まります。また,Internet Explorerを利用した場合,ホームページ上に鍵マークが表示されます。
例:ユーザー登録画面
※ 画面は,Windows Internet Explorer 11 のものを使用しています。
 登記・供託オンライン申請システムでは,以下のホームページ等においてSSL通信を利用しています。
  • 申請者情報登録画面(ユーザー登録に関するページは,すべて該当します。)
  • ログイン画面以降の画面(各種申請・請求等)
  • ソフトウェア及びマニュアルのダウンロード(登記・供託オンライン申請システムホームページからダウンロードできるすべてのソフトウェア及びマニュアルが該当します。)

 例えば,申請データの送信は,必ずSSLによる通信を行うため,第三者による盗聴等を防止します。

政府共用認証局自己署名証明書

 登記・供託オンライン申請システムにおけるSSL通信を伴うホームページ等を安全に利用するためには,ご利用のPCに政府共用認証局自己署名証明書をインストールする必要があります。

  •  政府共用認証局自己署名証明書は,SSL通信を伴う登記・供託オンライン申請システムホームページが,間違いなく法務省のホームページであることを確認し,申請者と登記・供託オンライン申請システムとの間でSSL通信を行うために必要な証明書です。

 もし政府共用認証局自己署名証明書がインストールされていない場合,SSL通信を利用しているホームページ等にアクセスしようとすると,以下のようなセキュリティ証明書の警告画面が表示されます。

 このような警告画面が表示された場合,いったんアクセスを中断し,政府共用認証局自己署名証明書をインストールした上で,再度アクセスしてください。

登記・供託オンライン申請システムにおけるSSL通信
 なお,政府共用認証局自己署名証明書について,政府認証基盤を構成するアプリケーション認証局2システムへの暗号移行に伴い,新たに政府共用認証局自己署名証明書をインストールする必要があります。
政府共用認証局自己署名証明書のインストール状況の確認方法はこちら
政府共用認証局自己署名証明書のダウンロード及びインストール方法

ソフトウェアへの電子署名

 登記・供託オンライン申請システムのホームページ上で配布しているソフトウェアには,政府共用認証局自己署名が付与されております。政府共用認証局自己署名証明書は,政府認証基盤(GPKI)で配布している証明書であるため,法務省の電子署名は付与されておりません。
ソフトウェアに付与されている電子署名の有効性の確認方法はこちら
  • Microsoft Windows Internet Explorer は,Microsoft Corporation の登録商標です。
  • ページトップへ